FC2ブログ
テンカラデビュー! (リヴァスポット早戸)
10月23日(火) 

「テンカラはルアーの10倍釣れる!!」
こんな興奮するような報告が「Eノッチ氏」からありました。

テ・ン・カ・ラ?

初めて聞くその言葉になんだか古臭さを感じたわけですが、簡単にいえば「フライフィッシング」のリールがないようなもので、昔から日本にある釣り方だそうです。

「Eノッチ氏」はこのテンカラ釣りにはまってしまたらしく、オイラにもテンカラのお誘いをしてきたわけであります。

初めてでよくわからない釣り方とはいえ、ルアーの10倍も釣れるなんて聞いてしまったものですから、頭の中は道具をそろえる前から爆釣のイメージが浮かんでおりました。
そしてさっそくテンカラ釣りの竿やライン、毛ばりなどを購入し、突貫で準備を整えた次第であります

さて、そうしていつもの10倍の釣果を出すべく本日は「Eノッチ氏」と一緒に「リヴァスポット早戸」に行ってまいりました。

現地で「Eノッチ氏」と合流し、ルアーとテンカラの両方で釣りを始めます。

ネットでお勉強してきたことを思い出しながら竿を振りますが、なかなかうまく投げられませんねー。
テンカラは錘がついていませんから初心者のオイラはなかなか遠くに投げられず、目の前にラインが「ポッチャ」と落ちてしまいます

力任せではなく、竿のしなりを利用して投げることは分かっていますが、まあそう簡単にはいかないものです。
さらに、ラインに巻癖がついており、これも遠くに飛ばない原因でもありました。

さて、四苦八苦しながら投げ続けておりますと、こんなオイラにもやっとヒット!

20181023早戸1
(リールがないのでいつもと勝手が違い、小さいお魚なのに取り込むのに一苦労)

その後も釣果は芳しくなく、「Eノッチ氏」も今日は活性が悪いと言っていました。

ルアーとテンカラを交互にやりながらお昼の食材を確保し、ひとまずお昼休憩。

20181023早戸2
(まずは食材をゲット!)

20181023早戸3
(いつものように食堂へ持って行きアライと…)

20181023早戸4
(フライにしてもらいます)

午後の部開始。

午後1時過ぎ頃から放流が始まるのでそれに期待したいところ。
オイラの区画にもお魚を入れて頂きましたのでここで数を稼いでおこうかとスプーンを投げていたところ、まさかの無反応

今までだと放流したてのお魚はどんなルアーでも反応していたので、トラウト初心者のオイラにとってここで釣れなかったら本日の釣果がガクンと下がってしまいます。

そしてその後も放流君達はルアーに喰いつくことなく30分程経過してしまったので、もう積極的に喰いついてくることはないでしょうな。
そういえば両サイドの区画でもほとんど釣れていなかったので、今日はお魚のコンディションが悪かったのかご機嫌が悪かったのか分かりませんが、放流してもこんなことがあるんですね。

さて「Eノッチ氏」といえば、主にミノーを使ってポツポツ釣り上げており、テンカラにいたってはパタパタ釣り上げていました。
使っている毛ばりもそんなに違いがないと思うのですが、やっぱり何か違うんでしょうね。
実際「Eノッチ氏」がオイラのテンカラタックルを使ってみると、釣れてしまうんですよ。
そうなるとやはり腕の差以外のなにものでもありません

20181023早戸5
(平日にしては人出が多め)

午後の部もあまり釣れることなく、15時くらいに納竿。

今日は初めてのテンカラ釣りを体験しました。
ほとんど知識がないままに道具を揃え、やみくもに竿を振り続けておりましたが、実際テンカラ釣りをやってみるとこれから直さなくてはいけな改善点が多くあることを感じました。

あまり釣れませんでしたがルアー釣りとはまた違う面白さがあるので、もうちょっと勉強してまた挑戦したいですね


釣果:Eノッチ氏 30匹以上
    オイラ   10~15匹位
スポンサーサイト

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

【2019/06/10】  この記事のURL | 釣行記 リヴァスポット早戸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「キョン2」と出会った (戸面原ダム)
7月25日(水) 

オイラの世代で「キョン2」といえば、元アイドルで女優の「小泉今日子」のことをさしますが、今日は違う「キョン2」を目撃してきました。

夏の昼間は暑くて釣りにならないので、本日は早朝短期決戦で「戸面原ダム」へやってきました。
現地に到着するもまだあたりは薄暗く、とりあえず湖岸を走っていたところ、車の前方にヘッドライトに照らされた鹿のような動物が2匹動いていたんです

あれ、千葉県に鹿なんていたっけ?
しかしよく見ると、鹿によく似ているけど鹿ではない…。
すぐに以前テレビで放映していた、最近千葉県で繁殖している害獣「キョン」のことを思い出しました。

おお!まさかこんなところでそのキョンと遭遇するなんてびっくり。
さらに進むとまた暗闇のなかに、今度は3頭のキョンと遭遇。(間近で見るとけっこうでかい)
近くに民家が点在しているこんな場所にキョンがうろついているなんて、これじゃあ農作物も被害をうけてしまっているだろうなあ

写真を撮ろうとしましたが逃げてしまいましたので、そのまま「ドシャローポイント」へ向かいます。

いい具合に減水しており、釣り場も広がっていてこれまたいい感じ。
さっそくテキサスで巻き巻きしていると、ほどなくしてあたりがありヒット!

20180725戸面原1
(さっそく朝マズメの釣れ釣れチャンス始まりか!?)

「こんなに早く釣れるんなんて、さすが早朝は違うねー」なんて思っていたらその後が続かず、しばらく時間をおいてもう一匹、そしてまたしばらくして1匹、さらに時間が経過してから1匹。

20180725戸面原2
(やっと釣れたのに小さいなあ)

「強風ポイント」に入るも、やはり強風でないとあたりがパッタリなく、さらに「川筋ポイント」へ移動します。

たまに適度な風が吹いてくるもののバス君たちはまったくやる気なく、見えバス君たちはことごとくルアーをガン無視するありさま。

まだ8時ですが、もう日差しが強くなり暑くて仕方ないので、最初の宣言通り短期で決戦終了~

いやー夏の日差しは早い時間帯でも厳しいですね。
まだこんな時間なのに汗だくになってしまいました。

今日は珍しくがんばって早起きして日の出前に到着したにもかかわらず、釣果は芳しくありませんでした.
しかしめったにお目にかかれないキョン(キョンが2組いたから「キョン2」ということで…)をすぐ間近で目撃したいう珍しい体験ができたので、それだけでも朝早く来たかいがあったかな…


釣果:4匹

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

【2019/05/29】  この記事のURL | 釣行記 戸面原ダム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
提灯釣り (戸面原ダム)
6月7日(木) ときどき

今日はのんびりと「戸面原ダム」へ行ってきました。

現地到着午後2時。
とりあえず「対岸ポイント」に入ってみます

ここは葦の生えている浅瀬が広がっており、そこにベイトがたくさんおりました。
それを狙ってたまにバス君が捕食にやってくるので、そいつに狙いを定めて打込んでいたのですが喰いついてきません。
長靴でも入れるくらい浅瀬だったのでズカズカ歩き回っていたらお魚が散ってしまったので、「強風ポイント」に移動します。

今日もほぼ無風だったため、「強風ポイント」も大沈黙。
チビバス君はチラホラ見かけるものの、ルアーにはまったく反応しないんですねー

そんなとき、対岸の木の枝にルアーが引っかかり垂れさがりました。
普段なら強引に引っ張って回収するところですが、丁度いい具合に水面近くまで垂れさがっていました。

辺りはシーンと静まり返っていて水面も非常に穏やか。
あたりもなくて飽きてきていたので、そのままラインを緩めて水面につけチャプチャプといわゆる「提灯釣り」を面白半分でやっていたところ、ラインが引っ張られてなんとお魚が喰いついたではありませんか!

慌ててあわせようとしましたが、なにしろラインが木の枝に引っ掛かっている状態なのであわせるlことが出来ず、途中でバレてしまいました。
「提灯釣り」なんて本で読んだことしかなかっただけに、実際お魚が喰いついてきたことにびっくりです。

同じところを狙ってもう一回といきたいところですが、対岸の木の枝にラインを狙って引っ掛けることは至難の業なので、近くにある低木に引っ掛けて「提灯釣り」をしてみました。

最初は反応がありませんでしたがしつこくチャプチャプしていると、「チュボッ!」と音がしてなんとまたお魚が喰いつきましたよ!
今度は低木で枝も細かったため、お魚が喰いつくとラインも枝から外れたのであわせが出来ましてヒット!

20180607戸面原1
(チビバスだけどなんか嬉しい)

さらにその後も何度か反応があり、数回のやり取りしたあとにルアーが吸い込まれヒット!

20180607戸面原2
(悪人面の肉厚ギル君)

そこからはあたりが無くなったので次の木の枝を探しますが、まあさすがにそんなに都合よく水面に垂れ下げされるような木などはなく、普通の釣り方でもう一匹追加して本日は終了。

これまでは「提灯釣り」なんてまったく興味がありませんでした。
たまたま木の枝に引っ掛かったときに試したことはありましたが釣れなかったし、リスクを冒してまで木の枝にラインを引っ掛けて釣りをするなんて考えられませんでした。

あの水面からお魚が飛び出してくる様や、ルアーに喰いつく時の「チュポッ!」という音も面白いものですねー。
今回提灯釣りでは2匹(うち1匹はギル)しか釣れませんでしたが、あたりは何回かあったので楽しめたし、また新たな釣りの方法が見つけられて良かったです


釣果:2匹

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

【2019/05/09】  この記事のURL | 釣行記 戸面原ダム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2018ボート問題 (戸面原ダム)
5月7日(月) のち

今日は「戸面原ダム」へ行ってまいりました。

現地到着午後1時。
前回より減水は進んでいるものの期待しているほどでもなく、釣り場もまだまだ少ない状況。
それでもどうにか「強風ポイント」にたどり着くことができました

シャローにはチビバス君の姿がチラホラありましたので、まずはせこく1匹と思いそいつらを狙います。

しかし全くの無反応。
確かにいい時間帯とは言えませんが、今日は曇っていてたまに小雨が降ってくるので状況が悪いとは思えないのですが…。

しばらく粘っていたところ、突然ボートが2漕近寄ってきたと思ったら、なんのためらいもなくオイラがいるポイントにズカズカ入ってきたではないですか!!
おう、オメーらよ!もうちょっとマナーを守れよな!遠慮がちに入ってくるならまだしも、先行者の方が邪魔者扱いされるなんて間違っているぞ!まったく隣国の奴らみてーだな!(若干差別発言あり) 

そいつらは男と女のペアで、「クソ男君」が得意げに「バカ女ちゃん」にいろいろアドバイスしながら、実績ポイントに堂々と居座り荒しやがる。
しかもそこでアドバイスを受けていた「バカ女ちゃん」釣り上げてしまったものですから、オイラの怒りはマックス!!!

しかしそれ以降お魚反応がなかったせいか、ほどなくして去っていきました。

なんでボートに乗っている人はマナーの悪い人が多いんだろうなあ。
ボートに乗っている分、陸っぱりの人たちより優越感があるんでしょね。
勘違いヤローが多くて、あー、いやだいやだ

ポイントがまったりしており全く反応が無いので移動することにします。

オイラが移動を始めた途端、近くで釣りをしていた別のボートが「スーッ」と入ってきました。
そうそう、それでいいのよ!
釣り場でハイエナするのは汚いやり方だと思われがちですが、声かけもせずに土足で入ってくるヤツラと比べたら全然マシだし、むしろ釣り場においては合法?ではないでしょうか。

「強風ポイント」から横に移動しながら竿を出します。
少し水の動きのある場所でポツンと立っている立ち木に投げ込んだところ、ラインが動きましてヒット!

20180507戸面原1
(やはり水がほどよく動いている所はお魚も動いているんですねー)

次にテキサスをあちこちにスイミングさせていると、しばらくしてガツン!とあたりがありヒット!


20180507戸面原2
(ややサイズアップ!)

しばらく投げ続けていましたが反応が無くなりましたので次のポイントに向かいます。
しかしまだ減水が少なくて釣り場も狭いうえに雨も激しさを増してきたので、まだ3時半だけど引き上げることにしました。

今日はバス釣りに最適な季節、しかも最初は曇天だったにもかかわらず渋かったですねー。
GW明けだったのでけっこうたたかれてしまっていたのかもしれません。
またガラ空きかと思いきや、意外とボートが浮かんでいたのが驚きでした

戸面原ダムもバス釣り用ボートが解禁したため、釣り場の環境もずいぶん変わってきました。
そうなると陸っぱりは圧倒的に不利だし、これまでのような釣りができなくなるので、たぶん訪れる回数も減ってしまうだろうなあ。
少なくとも今日遭遇したような「マナーの守れないアホな奴ら」がここに来ないことをただ、ただ願うばかりです


釣果:2匹

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

【2019/04/15】  この記事のURL | 釣行記 戸面原ダム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ